ご予約・お問い合わせはこちら 03-6325-7801 お気軽にお問い合わせください

営業時間:10:00~23:00(完全予約制)

定休日:不定休

info@therapy-reborn.com

ヒプノ(催眠)とは?

「催眠」は、誰もが1度は聞いた事がある言葉だと思いますが、実際、催眠にどのようなイメージを抱かれるでしょうか?

 

 

おそらく、多くの方が抱く催眠のイメージは、 自分の意思に反して意識を失ってしまったり、自分の心や身体を、相手のなすがままに操られる状態、と言ったようなモノだと思います。

 

 

 

また、催眠の途中の記憶は全然残っていなくて、後で全く思い出すことすらできない、と言うイメージも持たれるかと思います。

 

 

 

これは「催眠術師」と称する方が、テレビなどで披露する催眠術であったり、まるでマジック でも披露するかのように繰り広げられる催眠術のショー、あるいは、映画・ドラマ・小説などの中で描かれている催眠術などの影響が強く、

 

 

「催眠とは、魔法のように相手を操るモノ」

 

 

との先入観を、多くの方が持っているからだと思われます。

 

 

 

しかし、実際の催眠とは、そういったイメージとは、かなり違ったモノです。

 

 

催眠に入った状態、「催眠状態」は、心理学の世界において、「変性意識状態」や「トランス状態」などと呼ばれていて、人間心理や脳のメカニズム観点からも、普通に存在している概念です。

 

 

ただそうは言われても、催眠状態は極めて特殊な状況であったり、選ばれた人だけに起こるようなモノだとイメージされるかも知れませんが、誰でも例外なく、ごく自然に起こる現象であり、状態でもあります。

 

 

 

実は、誰でも1日の中で、何度も自然に催眠状態になっていると言われています。

 

 

 

例えば、仕事でも勉強でも遊びにおいても、何かに没頭している時、そこに深くのめり込んでいるせいか、他の人の声や物音が全く耳に入らないとか、他の人やモノが視界に入っていても気づかない。

 

 

また、考え事をしていたら、ふと気づいた時には、30分とか1時間経過していた。途中、時間の経過に全く気づかなかった。

 

 

 

こう言った事は、誰もが普通に体験する事かと思いますが、実はこれも催眠状態の一種なのです。この状態は、当然誰かに操作されて発生した訳ではありませんし、意識もハッキリとあります。

 

 

また、自分の意思ですぐに通常の状態に戻ることもできますし、この間の記憶もしっかりと残っています。

 

 

つまり催眠とは、世間一般で認識されているように、自分の意思に反して、誰かにコントロールされてしまうような性質のモノとは、実際は違っています。

 

 

 

では、その催眠を ヒプノセラピー(催眠療法)では、どのように活用していくのかについて、詳しくは

ヒプノセラピー(催眠療法) のページで説明します。

 

 

 

 

 

ご予約・お問い合わせはこちら

〒171-0052

東京都豊島区南長崎1-17-11 伊藤ビル1F

営業時間:10:00~21:00(完全予約制)

定休日:不定休

info@therapy-reborn.com

お客様専用TEL: 03-6325-7801

フォームでのお問い合わせはこちら

 

西武池袋線・椎名町駅(池袋駅からひと駅)南口より徒歩3分

 

 

 

 

Back to Top ↑